「リバースモーゲージ」とは何か?中古を買ってリフォームとの深いつながり ①

「中古を買ってリフォーム」に潜む問題点

「中古を買ってリフォーム」というものは以前からありましたが、その物件の中にはちゃんとした物件ではない、専門用語でいうと「※瑕疵」のある物件というのが意外と多いのです。

そいういう物件を買ってしまうと、生活に関わる部分ではないところの修繕費用というのが高くついてしまい、リフォーム工事で解体してびっくりということも多いです。

※瑕疵保険はこちら

例えば、2,000万円で物件を購入してリフォームに2,000万円掛かってしまうということはとてもバランスが悪いです。

特に生活に関わる部分ではない、見えない部分の修繕費用に大部分が掛かってしまうのでは、住居部分に費用を掛けられず、理想のライフスタイルを実現することができません。

生活に関わる部分にきちんとお金を使えるようにするには物件選びからきちんとすることが大事です。

※「価値ある物件は老後の支えになる」につづく

関連記事

PAGE TOP